クレジットカード現金化は違法なの?リスクを解説

クレジットカード現金化は違法とされている理由!カードの利用停止の危険性

クレジットカードの現金化に興味があるものの「クレジットカードの現金化は違法では無いだろうか?」「トラブルに巻き込まれる事はないだろうか?」となかなか1歩が踏み出せずに悩んでいるのではないでしょうか。

編集長

この記事ではクレジットカードの現金化は違法ではないが、どんなりすくがあるのか、ということについて解説しています

<この記事を書いた人>

編集者のミオです。金融業界で10年以上の経験を持ち、カード現金化の裏側を知り尽くす。カード現金化のメリット・デメリット、注意点、業者の選び方など、カード現金化に関する最新情報をわかりやすく解説しています。読者が安心してカード現金化を利用できるよう、正しい情報を提供することを心がけている。

目次

クレジットカード現金化の仕組みをおさらい

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得ることです。本来、クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスの購入に利用するものであり、現金化は利用目的に反する行為です。

クレジットカード現金化は、以下の2つの方法で行われるのが一般的です。

  • 買取方式

ショッピング枠で商品を購入後、すぐに買取業者に買い取ってもらう方法です。買取業者は、ブランド品や金券、新幹線の切符など、換金性が高い商品を指定するのが一般的です。

  • キャッシュバック方式

ショッピング枠で商品を購入した際に、購入金額の一部をキャッシュバックするサービスを利用する方法です。キャッシュバック率は業者によって異なりますが、一般的には20%前後です。

クレジットカード現金化の仕組み!申込から振込までの流れで詳しく解説しています。

クレジットカード現金化そのものに違法性はなし

クレジットカード現金化そのものに違法性はなし

まず最初に大前提として、法的にみてクレジットカードの現金化は違法ではないと言う事は覚えておいてください。

どうして違法ではないのかその理由について説明しましょう。

クレジットカードの現金化は違法ではない理由

クレジットカードの現金化はどういう方法で行うのかご存知でしょうか?

換金率が高い商品をクレジットカードで購入し、その商品を売却することで現金が手元に帰ってくると言うシステムです。

自分のクレジットカードで商品を購入するのは違法ではありませんし、購入した商品をリサイクルショップなどで売却しても当然違法ではありませんね。

両方とも違法では無いのですから、これが違法行為になりようがありません。

法律には反しないがクレジットカード会社の利用規約には違反する

違法ではないがカード会社が提示した規約を違反した行為になる

現金化利用者が気をつけておかなければならないのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で利用した場合は、カード会社の規約違反になるという点です。

クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスを購入するために利用できますが、その目的が現金化であってはならない旨がしっかりと記載されています。

ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」 三井住友カード

その主たる理由として、利用額が大きくなりやすく、支払い日の入金が困難になるかたが増えるということが挙げられます。

クレジットカードにはもう1つ、現金借り入れが可能なキャッシング枠が用意されています。にもかかわらず、ショッピング枠を使った現金化を行うかたは、すでにキャッシング枠いっぱい利用している他社への借り入れ審査が下りないほどの状況にある、といった原因も考えられるため、利用額の返済が難しくなる可能性を考慮し、厳しく取り締まっているのです。

作成する際、所持者はカード会社の規約範囲内でカードを使用をするという契約を結んでいます。そのことをくれぐれも忘れないようにしなければなりません。

編集長

もしバレてしまった場合にはどんなペナルティがあるのかについては後ほど紹介します。

クレジットカード現金化が違法と言われる理由

クレジットカード会社との契約違反

クレジットカードの利用規約では、換金を目的とした利用を禁止しています。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して現金を得る行為であり、換金行為に該当するため、クレジットカード会社との契約違反となります。

貸金業法違反

クレジットカード現金化は、貸金業の登録を受けていない業者が行う場合が多く、貸金業法に違反する可能性があります。貸金業法では、貸金業を営むためには、貸金業登録を受ける必要があると定められています。

クレジットカード現金化業者は、貸金業登録を受けていない場合、貸金業法に違反することになります。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化利用者が覚えておきたいリスク

クレジットカードの現金化が危険な理由は3つありますので、1つずつ解説します。

カードの利用停止や強制退会

クレジットカード現金化がカード会社にバレると、カードの利用停止や強制退会などの措置を受ける可能性があります。

カード会社は、クレジットカード現金化を違反行為と認識しており、クレジットカード現金化が行われた場合には、利用停止や強制退会などの措置を行うことがあります。

クレジットカード現金化なぜばれる?原因と疑われた時の対処法

高額な手数料

クレジットカード現金化業者は、高額な手数料を徴収するのが一般的です。

手数料率は業者によって異なりますが、一般的には20%前後です。高額な手数料を支払うことになるため、実質的な利息負担は非常に大きくなります。

クレジットカード現金化における還元率の相場!実質的な換金率とは

悪徳なクレジットカード現金化業者とのトラブル

クレジットカード現金化業者の中には、悪徳業者も存在します。

悪徳業者に騙されて、多額の借金を負うなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

クレジットカードを勝手に使われたり個人情報が売買されるかも

クレジットカードの現金化を利用する場合には必ずクレジットカードの画像だけではなく運転免許証などの個人情報の画像を求められます。

最近のインターネットサイトはクレジットカードの番号とセキュリティーコードがあればすぐに買い物ができてしまいますよね。

つまりクレジットカードの画像を渡してしまった場合には、勝手に使われてしまうリスクが格段にアップするのです。

またクレジットカードの現金化を利用する人というのはきっとお金に困っている人が多いことでしょう。

現金化サイトを利用した人を名簿にまとめて金融業者に売却すれば、金融業者はその名簿を使って営業をすることができます。

あなたが知らない間にヤミ金にあなたの情報が売られているかもしれません。

約束していた金額が振り込まれない可能性も!

クレジットカード現金化業者のサイトを見てみると、換金率が大きく掲載されています。

まともな現金化業者を利用した場合はきちんとこの通りのお金が振り込まれるのですが、悪質な現金化業者に当たってしまうと事前に聞いていた金額より、少ないお金しか振込んでもらえません。

手数料と言う名目で色々とお金を弾かれてしまったり、色々なやり方があります。

さらにひどいところになると、クレジットカードで決済をさせたまま、振り込みをせずにそのまま消えてしまう業者もあるのです。

編集長

こういった業者は自分の姿を上手に隠すため、いちど騙されてしまうと取り返す事はほぼ不可能といえます。

カードの支払いができなければブラックリストに掲載される

クレジットカードの現金化は借金ではないため、クレジットカード現金化業者には借金を返す必要はありません。

しかし現金化した代金は必ずクレジットカード会社に支払わなければいけません。

現金化業者を利用しすぎて 期日までに返済ができなくなってしまった場合、ブラックリストに掲載されることになります。

参考:クレジットカードの現金化は違法?考えられるリスクについて

現金化業者が逮捕された事例あり

ただし、現金化業者が逮捕された事例あり
クレジットカード現金化が違法であり、逮捕者が出たという話を耳にして不安視しているというかたも多いでしょう。ですが、逮捕されたのは利用者ではなく、出資法、貸金業法に違反したとされた業者側です。

警視庁は、現金化業者を「事実上の金融業者である」として、貸金業法及び出資法違反で摘発しました。これは、ショッピング枠をキャッシング目的のために利用させるという商法は、ショッピングを装ったお金の貸し付けであるということで、現金化業者を金融業者であると認定したものです。

引用元:クレジットカードのショッピング枠現金化にご注意|松谷司法書士事務所

過去、キャッシュバック方式で現金化を行っていた業者が、現金化希望者に対して売った商品に数百円程度の価値しかなく、それを購入した利用者側が知らされていなかったこと。

取り引きに用いられた商品に対して購入金額、つまり現金化手続きを行った金額が高額であったことから、この商品は形ばかりのもので実質貸金行為であったと見なされたのが逮捕の理由でした。

その現金化業者は貸金業を営む許可を持っておらず、違法営業とされたのです。なお、このことで、取り引きを行った利用者側は処罰を受けていません。

2022年6月にも現金化業者が逮捕されたというニュースがありました。

「現金化商法」で5900人から9億5000万円の違法利息受け取りか…出資法違反7人逮捕(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

編集長

過去にたくさんのかたがクレジットカード現金化を行っていますが、一度も利用したかたの中に逮捕者は出ていないのです。

クレジットカードの現金化を利用する前に知っておくべき事

現金化業者の手数料は暴利意外の何者でもない

クレジットカードの現金化業者は換金率80%などで「高い換金率」と謳っています。

これを聞くと「お得かもしれない」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

なぜなら利用するだけで、その瞬間20%の手数料をとられているからです。

次の日に返済しても20%ということは、一日当たりの利息は20%となります。

10日で1割の利息を取る貸金業者のことを「トイチ」と呼んで悪徳金融業者の象徴として描かれることがありますが、 クレジットカード現金化業者と比べると「トイチ」なんてかわいいものです。

純粋にものすごく損をする取引であると言う事は絶対に忘れないでください。

悲惨!現金化をした人の多くは結局お金を返せなくなる

クレジットカードの現金化に手を出してしまうという人は、銀行や消費者金融からお金を借りる事が出来なくなった人ばかりです。

そういった人たちがクレジットカード現金化業者を利用しても返せるあてがありません。

編集長

最終的に返済ができなくなってしまう上に債務整理にも問題が生じるため、絶対に利用すべきではありませんね。

クレジットカード現金化はこんな人しか利用してはいけない

ここまで紹介したクレジットカード現金化業者に潜むリスクを 知った上でそれでも利用したいと言うのなら止めることはできません。

どうしても利用するのであれば次の条件を満たす場合だけにしてください。

どうしても急いで現金が必要になった場合のみ

クレジットカード現金化業者は日常的に利用するのではなく、突然現金が必要になってしまいどうしようもなくなったケースにだけ利用しましょう。

少しでも他の選択肢があるならそれを利用してください。

それなりにお金を持っている

逆説的になりますがお金に困っている人はクレジットカード現金化業者を利用してはいけません。

返済できなくなることが目に見えて分かっているからです。

お金に余裕があるけどどうしても急ぎで現金が必要と言う人だけ利用してください。

クレジットカードの支払い日にはちゃんと返せる

クレジットカードを利用すると返済日に返済をしなければいけません。

この返済日にしっかりと返済できる人だけがクレジットカードの現金化を利用する権利があります。

クレジットカード現金化の違法性についてのまとめ

クレジットカード現金化を利用することは違法ではありませんが、カード会社が定める利用規約に違反する行為です。

またさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があるため、利用するべきではないでしょう。

やむなく利用せざるを得ないことがあるかもしれませんが、そんな時でもしっかりと注意をして安心できる業者を利用してください。

以上、クレジットカード現金化は違法なの?リスクを解説…でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次