クレジットカード現金化の役立つ情報まとめました!

クレジットカード現金化は違法か?真実に迫る!現金化の違法性・逮捕されるリスクとは

クレジットカード現金化の違法性

手軽に現金を作る方法として利用者も多い現金化ですが、気になるのがその違法性リスクです。

興味はあるものの安全性が心配だし、実際に利用してはいるものの、もし捕まるようなことがあればどうしようと不安視しているかたも少なくないでしょう。

今後現金化を行うにあたり、どういった点に気をつけておかなければならないのか、今一度確かめておいてみてください。

クレジットカード現金化そのものに違法性はなし

クレジットカード現金化そのものに違法性はなし
まず前提として、クレジットカードを使った現金化行為自体は違法ではありません。かといって合法であるというわけではなく、正確には取り締まる法律がないため犯罪にはならないというグレーゾーンに当たります。

現金化といっても、利用者が行うのはあくまでもクレジットカードを使って買いものをしたり、購入したものを売っているのみです。

自身の所持しているカードでどのような商品を買い、購入したものをどのように扱ってもそれは個人の自由。

これだけでは取り締まることができないため、違法性はないといえます。

ただし、現金化業者が逮捕された事例あり

ただし、現金化業者が逮捕された事例あり
クレジットカード現金化が違法であり、逮捕者が出たという話を耳にして不安視しているというかたも多いでしょう。ですが、逮捕されたのは利用者ではなく、出資法、貸金業法に違反したとされた業者側です。

過去、キャッシュバック方式で現金化を行っていた業者が、現金化希望者に対して売った商品に数百円程度の価値しかなく、それを購入した利用者側が知らされていなかったこと。

取り引きに用いられた商品に対して購入金額、つまり現金化手続きを行った金額が高額であったことから、この商品は形ばかりのもので実質貸金行為であったと見なされたのが逮捕の理由でした。

その現金化業者は貸金業を営む許可を持っておらず、違法営業とされたのです。

なお、このことで、取り引きを行った利用者側は処罰を受けていません。

過去にたくさんのかたがクレジットカード現金化を行っていますが、一度も利用したかたの中に逮捕者は出ていないのです。

違法ではないがカード会社が提示した規約を違反した行為になる

違法ではないがカード会社が提示した規約を違反した行為になる

現金化利用者が気をつけておかなければならないのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で利用した場合は、カード会社の規約違反になるという点です。

クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスを購入するために利用できますが、その目的が現金化であってはならない旨がしっかりと記載されています。

その主たる理由として、利用額が大きくなりやすく、支払い日の入金が困難になるかたが増えるということが挙げられます。

カード会社が未返済の被害を被る可能性が非常に高くなるというのが問題です。

クレジットカードにはもう1つ、現金借り入れが可能なキャッシング枠が用意されています。にもかかわらず、ショッピング枠を使った現金化を行うかたは、すでにキャッシング枠いっぱい利用している、他社への借り入れ審査が下りないほどの状況にある、といった原因も考えられるため、利用額の返済が難しくなる可能性を考慮し、厳しく取り締まっているのです。

作成する際、所持者はカード会社の規約範囲内でカードを使用をするという契約を結んでいます。そのことをくれぐれも忘れないようにしなければなりません。

買取式とキャッシュバック式どちらの場合でも規約違反になる場合あり

買取式とキャッシュバック式どちらの場合でも規約違反になる場合あり
現金化について調べていると、2つの方法の中でも安全性を考慮するのであればキャッシュバック式がおすすめ、という記事を見かけます。

しかし、いずれの方法でも規約違反となる可能性は0ではありません。

まず、買取式の場合には購入した商品の支払いが済むまで、所有権がカード会社側にある点に注意が必要です。

引き落としされる前に商品を売りに出して現金化した場合、他人の所有物を横領したと見なされることがあります。

なお、キャッシュバック式は商品購入時点で現金がプレゼントされますが、商品をきちんと受け取らなければ取り引きが成立しませんので、商品の受け取り拒否は不可能です。この商品も、プレゼントされる金額に見合った商品であることが前提となります。

利用者が商品を選び、その価値がカード支払いするに見合うものとして納得して決済を行う必要があり、手続き方法に問題がある場合に違法性があると判断されやすいのです。

クレジットカード現金化利用者が覚えておきたいリスク

クレジットカード現金化利用者が覚えておきたいリスク

不自然なカード履歴だとカードが利用停止しやすい

買取式で現金化を行う場合、換金性の高い商品ばかり購入していると、不正利用防止のセキュリティシステムに引っかかりやすくなります。

所有者が意図せぬところでカードが利用されているのではないか、現金化目的で利用をしているのではないか、所有者に確認が取れるまで予告なしにカードが利用停止になることがあるのです。

大量にブランド品を購入する、家電製品を頻繁に買い替える等、不自然な支払い履歴が残らないようにくれぐれも気をつけましょう。なお、電話やメール等でカード会社から確認の連絡が来ますが、必ず応じて現金化目的の利用ではない旨を伝えてください。

発覚した場合には最悪の場合強制退会になる

発覚した場合には最悪の場合強制退会になる
もしカード会社に現金化利用が発覚した場合、一定期間カードが使えなくなるだけではなく強制退会の処置が取られることもあります。

この場合には、これまで利用した未払い分も一括請求されますし、強制退会になったことは信用情報にも記録されます。

今後、新たにクレジットカードを作りたいと思っても、審査が通りにくくなってしまうリスクもあるのです。

高額商品を購入しての現金化は支払いが困難になる

高額商品を購入しての現金化は支払いが困難になる
現金化はショッピング枠いっぱい利用できますが、当然、支払いした分はカード会社が指定する引き落とし日までに口座にお金を用意しておかなければなりません。

計画的に利用をしなければ、返済に困ってしまうことになります。

1日でも遅れたら遅延扱いです。すぐに連絡をして返済をすればペナルティが付かない会社もありますが、多くの場合は延滞料金が取られてしまいます。

自己破産を希望しても免責不許可自由になる

クレジットカード現金化利用で返済に首が回らなくなり、債務整理を行うというかたも珍しくありません。

しかし、債務整理の中で借金が0になる自己破産を希望しても、私的な散財によってできた借金はほとんどの場合許可されません。

こうした事態に陥らないように、くれぐれも慎重に利用していくようにしましょう。

違法性はなくてもリスクはしっかり把握しておくことが大切

違法性はなくてもリスクはしっかり把握しておくことが大切
クレジットカード現金化は違法か?まとめ

クレジットカード現金化をしても捕まることはありませんが、カード規約に違反する使いかたであるということはしっかり自覚する必要があります。

発覚しづらい方法と、何をすれば違法の可能性があるのか、取り引き時に気をつけておくことを頭に入れておき、安全性を考慮しながら計画的に申し込むようにしてください。

以上、クレジットカード現金化は違法か?真実に迫る!現金化の違法性・逮捕されるリスクとは…でした。