クレジットカード現金化の役立つ情報まとめました!

カードでお金の看板とは?仕組み・違法性・安全に現金化する方法について(^^ゞ

街を歩いていると「カードでお金」と書かれたポスターが貼ってあるのを見たことがある人は少なくないでしょう。
「カードでお金」とはなんとなく怪しいワードですが、果たして一体どんな意味を持っているのでしょうか。
今回の記事では、そんな「カードでお金」のからくりについて紹介していきたいと思います。
この記事を読み終わる頃には、「カードでお金」について説明ができる位詳しくなっているでしょう(^^ゞ

「カードでお金」の看板のお店とは?

「カードでお金」とは、クレジットカードを使って現金を手に入れようと言う方法のことを指しています。
こうやって聞くと、「なんか怪しそうな気がする」と思うかもしれませんね。
しかし全く怪しい事はありません。
と言うのもカード情報自体を第三者に渡すわけではなく、あなたは自分のクレジットカードで指定された商品を購入すれば良いだけだからです。
そしてこのポスターに書かれている電話番号に連絡すると、自分の持っているクレジットカードのキャッシング枠を使って現金を作ってくれるというわけなんです。
最近では実店舗を持つ店舗型よりも、インターネットの中だけで取引を行うネット専門の業者の方が多くなってきました。

「カードでお金」の仕組みと流れについて

それでは「カードでお金」の仕組みと詳しい流れについて紹介していきたいと思います。

利用するあなたは、掲載されている電話番号に電話、もしくはインターネットのホームページにアクセスし、一体どれだけ現金が欲しいかを業者に告げます。
するとクレジットカード現金化業者は、その金額に見合った商品を購入するように指示してくるわけです。
あなたはその商品を自分のクレジットカードのショッピング枠を使って決済を行います。
あなたの手元には当然ですが購入した商品が届きます。そしてその商品を業者が指定する買取業者に販売し、売却した分の代金があなたの指定した口座に現金が振り込まれると言うシステムです。
どうでしょう、非常に簡単でわかりやすい手法だと思いませんか。
あなたはクレジットカードで商品を購入し、それを販売するだけで手元に現金が手に入ると言うわけなんです。
これが「カードでお金」を作るからくりです。
何か怪しいことをするわけでもなく、普通のことを当たり前にするだけで口座にまとまったお金が振り込まれるようになっているのです。
このような仕組みを知ってしまえば、それほど不安に思わずに気軽に取引を行うことができるのではないでしょうか。

「カードでお金」で現金化の違法性は?

インターネットの情報を見ると、時々このクレジットカードの現金化は違法であると書かれているサイトがあります。
実際のところ法的に何か問題があるのでしょうか。
結論から先に言ってしまえば、法的に問題はなく罰を受ける事はありません。
なぜならここで行っている行為は、クレジットカードで商品を購入し、購入した商品をただ売却しているだけの行為だからです。
購入した商品を売却する先が、中古品の取り扱いのお店と言うことで古物営業法を守った営業さえしていれば、法律に触れる事は一切ありません。
クレジットカードの利用規約には反していますが、法的にこの行為を罰する事はできないのです。

「カードでお金」で現金化する3つのリスク

「カードでお金」ですが、全くリスクがないと言うわけではありません。
ここではクレジットカードの現金化にはどんなリスクがあるのかといったことについてしっかりと理解していきたいと思います。

カード利用停止/強制退会になる可能性がある

先ほども紹介した通り、クレジットカードの現金化は法的には全く問題のない行為です。しかしクレジットカードの利用規約には違反してしまいます。
クレジットカード会社は、転売による現金化目的としたショッピング枠の利用を禁止しているからです。
万が一クレジットカード会社にこのことが見つかってしまった場合には、カードの利用停止の処分をもらったり、悪質と認められれば強制退会になってしまうこともあり得ます。
ですから、クレジットカード現金化業者を利用するときには、信頼できる業者を選ぶ必要があるのです。

換金率が低い

クレジットカードの現金化は自分の持っているショッピング枠を現金に変換する事ですが、自分が購入した商品を買い取ってもらうため、そこでどうしてもコストが発生します。
例えば100,000円の商品を購入したとしても、どれだけ換金率が良かったとしても100,000円で買い取ってもらえる事は絶対にありませんからいくらか損をしていると言うことです。
中間マージンがかかってしまっていると言う事は理解しておくべきでしょう。

手間がかかりすぎる

銀行や消費者で融資を受ける場合には、申し込んでしまえば後は業者が全てをやってくれます。
ただしクレジットカードの現金化業者を利用した場合には、商品をクレジットカードで購入し、その商品を受け取り売却するというステップを踏む必要があるのです。
費用対効果を考えた場合には、少し手間がかかりすぎると言えるかもしれません。

「カードでお金」をつくるベストな方法

いくらかのリスクがある「カードでお金」ですが、もし利用するのであればできるだけ効率的な方法を利用したいものです。
そこで「カードでお金」を作るベストな方法について紹介したいと思います。

ギフト買取サイトでの方法

この方法は、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入してその購入したギフトカードを買い取ってもらうことで、高い換金率でクレジットカードのショッピング枠を現金化しようと言うものです。
これは専門業者を介さずに自分でやる方法としてはおそらく1番ベストな方法でしょう。
アマゾンギフト券であればインターネット上だけで売買ができますし、商品を受け取ったとしても小さいですから邪魔になる事はありません。
何よりもこれらのギフト券は、換金率が非常に高くクレジットカードの現金化を行うにはもってこいの商品なのです。
Amazonギフト券であれば、メール上に記載されたシリアルコードを提出すればすぐに現金化してもらうことができますから、非常に楽なのです。

クレジットカード現金化サイトでの方法

クレジットカード現金化業者をインターネットで行っているほぼ全ては、キャッシュバック方式と呼ばれる仕組みを使っています。
この方法では金券や商品券といったいわゆる換金性の高い商品を購入する必要がないため、カード会社にばれて利用停止になると言うリスクがありません。
クレジットカードを使って特定の商品を購入するわけですが、後日本当に購入した商品が自宅に届くため、普通の買い物と変わりません。
違う店は、指定した口座に入金が行われると言うことです。

ネット型クレジットカード現金化サイトおすすめ3社

もしネット型クレジットカード現金化サイトを利用したいのであれば、次に紹介する3つの会社は特にオススメしたいと思います。

①プライムウォレット

プライムウォレットは買取金額第1位、お客様満足度97.8%を誇るクレジットカード現金化業者です。
15時までに申し込めば還元率が+5%アップする昼得キャンペーンを開催するなど、顧客サービスに熱心であり、24時間いつでも無料で見積もりをすることができます。
さらに申し込んでから振り込み完了まで最短3分を宣言していて、急いでお金が必要になったときに利用すると良いでしょう。

②あんしんクレジット

あんしんクレジットは、創業から19年。クレジットカード現金化業者の老舗です。
群雄割拠のこの世界で19年も生き残っていると言う事は、多くの人に選ばれてそれだけしっかりとした実績があると言う事です。
土曜日、日曜日、祝日でも振り込みができて、誰でも安心して利用できることができるこの業者は、今最も選ばれている業者と高々と宣言しています。
リボ払いや分割払いにも対応しています。

③24キャッシュ

24キャッシュもクレジットカード現金化業者を代表する優良な企業です。
クレジットカード現金化有料、ランキングでは5年連続ナンバーワンを獲得していて、深夜であっても早朝であっても、24時間いつでも申し込みを受け付けています。
この24キャッシュは申し込んでから振り込みまで最短1分と言う超ハイスピードを売りにしていて、リピート率は93%以上を誇ります。
とっても簡単に利用することができますから、どの業者を利用するか迷った際にはこれらの業者を利用してみると良いでしょう。

カードでお金まとめ

この記事では、街角でよく見かける「カードでお金」ついて、そのカラクリや安全性、どのような流れで行われるのかと言ったことについて詳しく説明してきました。また初めてクレジットカードの現金化を行うのであれば、どの業者を利用するとよいのかオススメの業者3つについても紹介してきました。
アマゾンギフト券などを売買して自分でクレジットカードの現金化をすることもできますが、もし不安なのであればクレジットカード現金化業者を積極的に利用してみましょう。

以上、カードでお金の看板とは?仕組み・違法性・安全に現金化する方法について(^^ゞ…でした。

最短10分、即日振込!プライムウォレット(^^ゞ
満足度No1プライムウォレット(^^ゞ
最短10分、即日振込!カードと身分証明書のみ (^^ゞ
公式サイトへGo!!